まずはご相談ください
045-642-6113
24時間 WEB予約
MENU

睡眠時無呼吸症候群

Sleep apnoea syndrome

Sleep apnoea syndrome睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群はSAS(Sleep Apnea Syndrome)とも呼ばれ、睡眠中に呼吸の停止を繰り返す病気で、その多くがいびきを伴い、自覚症状が少ないことが特徴です。

SASは、肥満により上気道へ過剰に脂肪が沈着することが原因の一つとされていますが、遺伝的あるいは後天的に上気道が狭くなっていることに起因して肥満でない方も約30%発症しており、誰しもが発症しうる病気であると言えます。

十分な睡眠をとっているつもりでも、無呼吸であるために脳や身体が休むことができず、昼間の眠気や疲労感が増し日常生活に影響を及ぼすだけでなく、交通事故などの重大な事態を誘発することさえ起こりえます。

治療には医師との連携が必要になりますので、まずは当院までお問い合わせください。

pagetop