まずはご相談ください
045-642-6113
24時間 WEB予約
MENU

咬み合わせ・マウスピース

Meshing / Mouthpiece

Meshing咬み合わせ

咬み合わせ

上下の歯の接触を咬み合わせといいます。

正しい咬み合わせは上下の歯の力を分散しますが、この咬み合わせが悪くなると、咬む力が傾いた歯などに負担をかけてしまい、さらには様々なお口のケア、全身にも問題が出てきます。

咬み合わせが悪いことによって発生する問題

  • 歯みがきなどのケアが上手にできなくなり、むし歯や歯周病になりやすくなる
  • 上手く咬めなくなり、胃腸へ負担がかかる
  • 顎関節症になりやすくなる
  • 全身のバランスが悪くなり、頭痛や肩こりなどになりやすくなる

咬み合わせが悪くなる原因

咬み合わせが悪くなる原因はいくつか考えられます。

  • 親知らずがずれているため、全体の咬み合わせがゆがむ
  • 食事のとき全体の歯をバランスよく使えていない、一方の歯で咬む癖がある
  • 姿勢に偏りがあって全身のバランスが崩れてしまい、咬み合わせもゆがんでしまった
  • 歯周病によって歯並びが変わり、咬み合わせが変わった

いずれの場合も、長い時間をかけて歯が動き、咬み合わせが悪くなっていきます。すぐに症状が出るわけではないので、不調の原因が咬み合わせだと気づかない場合も多いのです。

当院では、咬み合わせの診断と顎関節の診断を行い、必要に応じて矯正治療を行います。

Mouthpieceマウスピース

こちらのコンテンツは現在準備中です。

pagetop